CALENDAR
sun mon tue wed thu fri sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2022/12  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
POWERED BY
Script by BLOGN+
Skin by 700km
OTHER
SEARCH THIS SITE

藤原京遷都

奈良文化財研究所の講演会を聴きました



「藤原から平常へ」と題して藤原京が造営からわずか16年で平城京へ遷都された謎に迫ります。



藤原京は遣唐使がもたらした中国文化の象徴で、日本が唐風の一等国家であることを象徴するものでした。宮殿も全て唐風で石の礎石に板張りの床の立派な建物でした。

飛鳥の地で南側が山や丘陵で内裏のある北側は湿地帯で地盤が弱く立派で重い建物を支えきれずに次々に傾いてしまいました。また、当時の貴族、官僚は土間で仕事をしていたので床での仕事はやりにくかったようです。

そこで、改めて奈良盆地の北側に平城京を建設し、藤原京の大極殿を移築して儀式のために使用しました。さらに、同じ規模の大極殿院を東側にもう一つ作って政務を行う場所としました。最終的には東側が正式な大極殿となりました。

|歴史 | comments (0) | trackback (x)|

コメント








認証のため、左の英数字を入力してください(必須)